2016年12月28日

長時間の移動の際の座り方


本日仕事納めという方も多いかと思います。

患者様の中でも明日から帰省するなんて言う声も多く聞かれました。

近場であれば問題はないのですが、

車や電車で長距離を帰省する場合、

座る姿勢次第では痛みの原因を作ることにもなり兼ねませんので

ご注意ください。

車の場合、浅く腰掛けずにお尻とシートの隙間ができないように

お尻を隙間に押し込み、

ハンドルの上を握って肘が曲がるぐらいの近さにシートを前に移動すると、

背中がシートに付いたままハンドルを切ることができ、

身体が左右に寄りかかりずらくなり背骨への負担が減ります。

電車移動の場合はやはりお尻に隙間を作らないように隙間にお尻をいれ、

左右のひじ掛けに均等に力の配分を行い、

左右どちらかに偏らないようにします。

リクライニングも過度に倒すとお尻が前に滑り、

浅く座る形になり腰のアーチが崩れますので、

ご注意ください。

時々、大きく貧乏ゆすりをしたり、

膝を交互に持ち上げたり、血行を促し、

1時間に一度くらいは立ち上がって、

少し歩くなどしてリセットすると負担が軽減されます。

どちらかに寄りかかりたくなったり、

どこかに違和感を感じたまま寄りかかり続けたりは、

痛みを作る原因になりますので避けたほうが賢明です。

ほんのちょっとの気遣いが元気な身体で過ごす秘訣です。

長時間座り続ける場合はお気を付けになってみてください。


posted by Joe at 23:33| からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

立冬


本日は「立冬」ついに冬到来です。

昨日は暖かでしたが今週は木曜日にかけてさらに冷え込んでいくそうです。

風邪やインフルエンザも流行っていますので、

予防のためにもうがい手洗いが重要です。

皆さん意外と出来ていそうで出来ていない、

正しいうがい手洗いの予防に効果的な方法を説明します。

・手洗い

水が冷たいからささっと指先だけ!

なんてせずにきちんと石鹸を泡立てて手首まで洗うこと。

その際に手のひらにすぼめた指先を当てて回転させるように

爪の隙間にも泡を入れて洗うこと。

・うがい

最低2回は行うこと。

一回目は口の中にいるウイルスを

いきなり奥に流し込まないようにするために

喉の奥まで水を入れず、

口に含んだ状態でクチュクチュゆすぐ。

2回目以降は上を向いてガラガラとうがいをします。

その際にあ〜い〜う〜え〜お〜

なんて発声するとまんべんなく喉の奥までゆすぐ事が出来ます。

時間がない時は「お〜」だけでもOKです。

うがいは自宅に戻った時だけでなく、

会社に着いたときなど水場を見つけた時に

うがいをするように習慣ずけると良いです。

もしうがいができる環境が無い場所では

ペットボトルのお茶などを「ごっくん」と

大きく数回飲みこむことでも効果があります。

飲みこんだウイルスは胃酸で死滅するので飲みこんでも大丈夫です。

インフルエンザだけではなくノロウイルス、

風邪などにも効果的ですので

正しくうがい手洗いを行ってこの冬を健康に乗り切りましょう。



posted by Joe at 16:54| からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

開業30周年


本日は私が日本カイロプラクティックセンターを開業した日で、

今年は開業30周年という節目の年となります。

1986年に日本カイロプラクティックカレッジを卒業後、

同期の中で一番に開業しましたが、

当時は今ほどカイロプラクティックなど名前も知られておらず、

ましてや若くして開業するものなどいなかったため、

顔を見て治療を受けずに帰っちゃう患者さんもいるなど(笑)

日々苦労の連続でしたが、

一日一日を積み重ね、

あっという間の30年。

これからも変わることなく

「最小限の力で最大限の効果を発揮する。」

という私の目標とするところを追い求め、

日々精進していきたいと思います。

これからも日本カイロプラクティックセンター大船を

よろしくお願いいたします。


日本カイロプラクティックセンター大船 

院長 渡邉 城作B.C.Sc.


posted by Joe at 18:08| からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

白内障予防


今日は暖かですね。

半袖で来院される患者さんも多くいました。

私もお昼に半袖で気持ち良いお日様浴びて

エネルギー充電してきました。

ただこの時期の紫外線量は真夏の8割から9割くらいと意外と多く、

曲者なのが「太陽の位置が低いということ」。

どういうことかというと、

目に入る紫外線量が夏に比べて多いということなんです。

身体に浴びる適度な紫外線は健康に役立ちますが、

目に入る紫外線は百害あって一利なし。

加齢とともに発症する白内障予防のため、

目のUVケアとなるサングラスの着用をお勧めします。
P4090029.jpg



ただし、サングラスならすべていいのかというとそうではなく、

きちんとUVカットされたものを着用してください。

レンズの色ですが濃いほうが紫外線カットしてくれそうなイメージですが、

実は色は関係なく、

透明でもUVカットされた花粉防護メガネでも問題ありません。

逆に濃い色は暗くなるので瞳孔が開き光を多く取り入れようとしますので、

グラスと顔の隙間から入った紫外線が悪さをする可能性も大きくなります。

今は洋服屋さんや雑貨店、ドラッグストアなどで

サングラスや花粉防護メガネが安く手に入りますが、

レンズのクオリティーが悪いものや、

UVカットされていないものあるので、

きちんとしたメガネメーカーの

UVカットがされている物をおすすめします。

私はサングラスも花粉メガネもSWANS製の

紫外線透過率0.1%以下のものを使用いています。


posted by Joe at 15:45| からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

うがい手洗い


インフルエンザの予防で一番手軽で効果があるのが

うがい手洗いという事はみなさんご存知だと思いますが、

簡単であるがゆえに意外と正しく出来ていない方がいますので、

予防に効果的な正しいやり方を説明します。

・手洗い

水でささっと指先だけ!

なんてせずにきちんと石鹸を泡立てて手首まで洗うこと。

その際に手のひらにすぼめた指先を当てて回転させるように

爪の隙間にも泡を入れて洗うこと。

・うがい

最低2回は行うこと。

一回目は口の中にいるウイルスを

いきなり奥に流し込まないようにするために

喉の奥まで水を入れず、

口に含んだ状態でクチュクチュとゆすぐこと。

2回目以降は上を向いてガラガラとうがいをします。

その際にあ〜い〜う〜え〜お〜

なんて発声するとまんべんなく喉の奥までゆすぐ事が出来ます。

時間がない時は「お〜」だけでもOKです。

うがいは自宅に戻った時だけでなく、

会社に着いたときなど水場を見つけた時に

うがいをするように習慣ずけると良いです。

もしうがいができる環境が無い場所では

ペットボトルのお茶などを「ごっくん」と

大きく数回飲みこむことでも効果があります。

飲みこんだウイルスは胃酸で死滅するので飲みこんでも大丈夫です。

インフルエンザだけではなくノロウイルス、

風邪などにも効果的ですので

正しくうがい手洗いを行ってこの冬を乗り切りましょう。


posted by Joe at 12:22| からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

大寒


今日は大寒、暦の上では一年で一番寒い日ですが

実際にも凄く寒く、

朝の通勤の時にはまるで冷蔵庫の中にいるようで、

自転車で走っていると自然と涙が出てきて、

今朝は泣きながらの通勤でした。(笑)

道路脇では今年初の霜柱が立っていました。
IMG_3593.jpg



IMG_3589.jpg



こう寒くなると特に肩が凝りますよね。

寒さを逃がすまいと末梢の血管が収縮して血行不良が起きたり、

自然と腕を持ち上げる形で肩に力が入っていたり、

重いコートを着ることで肩が凝ったり・・・

強く揉んだり叩いたり、柱でグリグリ!

なんてやられる方もいるかと思いますが、

その場限りの紛らわす行為で根本的な解決にはなりません。

続けると悪化させる可能性もありますよ。

一番大事なのは滞った血液を循環させること。

特に肩こりには肩甲骨を大きく動かすと効果的です。

肩甲骨を動かす意識を持って

・肩を上方向にすぼめるように上げたり下げたり

・肩甲骨を後ろで寄せるように肩を後ろ回し

・肩甲骨を開くように前回し

・肘を90度に曲げ身体の前で肘を合わせたり後方に開いたり

肩甲骨を動かす体操を座りながらでも構いませんので行ってみてください。

凝っていない方も凝り予防のために動かすのもありです。

寒い冬も本番です。頑張って乗り切りましょう。


posted by Joe at 18:34| からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

安田大サーカス団長


団長のトライアスロン中の落車事故をニュースで見られて

心配されている方も多いと思います。

私は友人からの知らせで知り、

団長に連絡取ったら元気そうな声を聴けるも

送られてきた写真は顔面血だらけマジッスか・・・

もう自宅にいるとの事なので

昨晩仕事を終えてからお見舞いがてら往診?

往診がてらお見舞い?

どっちでもいいや(笑)

行ってきました。

家につくと団長自ら歩いて出迎えてくれ、

喋るのもしっかりしてるし思いのほか元気でびっくりした。

ただ顔の傷が痛々しいが、

傷口や擦過傷の処置も良く予後は良さそう。

身体をチェックすると頭から落ちた際に

全体重を支えた首と肩周りの緊張がすごいので

身体の歪みを取りつつ筋肉を緩め全身チェックを終えると、

身体の方は大したことなく一安心。

脳震盪を起こしているので経過観察は大事ですが、

ここまで驚異的な回復を見せている団長。

暫くは安静が必要かと思いますが、

焦らず無理せずじっくり回復させて

パワーアップした団長の復活お待ちしています。

P7240008.jpg

posted by Joe at 14:02| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

ビタミンD


IMG_0260.jpg

長い雨の後、昨日から急にいい天気になりました。

涼しい日が続き、いきなり気温が上昇しましたので

気を付けなければいけないのが熱中症!

水分をまめに取るなどくれぐれもお気を付けください。


さて久しぶりに晴れるこの週末

せっかくの梅雨の合間の貴重な晴れですので

ぜひ屋外に出ていただいて

太陽を浴びるようにしてください。


現代人に不足するビタミンDが

太陽を浴びることによって体内で生成されます。

正確に言うと紫外線B波を浴びると体内で生成されます。

(日やけ止めを塗ると体内での生成は

出来なくなってしまいますのでご注意を。)


お聞きになったこともあるかと思いますが、

ビタミンDは骨の健康のためにとても重要なもので、

ビタミンDは小腸でのカルシウムの吸収を促進して、

尿中へのカルシウムの排出を防ぎます。

さらに、不足しがちなビタミンDレベルを

正常値以上に保つことは、

免疫システムの働きを助けて呼吸器感染症の予防、

抗炎症作用、血管や心臓病の機能を改善し、

細胞レベルの老化を防ぐ事により

高血圧や糖尿病、ガン、心臓発作、脳卒中、

骨粗しょう症の予防など有益な働きをしてくれ、

ひいては長寿に貢献してくれます。


それに太陽光を浴びない夜型の生活を続けていると

身体の中にある体内時計が乱れ

時差ボケのような状態になったり

それが慢性化すると

幸せホルモンであるセロトニンの働きが鈍くなり

不眠症や睡眠障害

自律神経失調症やうつ病などの

精神疾患につながる恐れもあります。


10分間太陽を浴びているだけで、

体内には牛乳コップ200杯分のビタミンDが生成されるそうです。

長時間紫外線を浴びることによる弊害もありますので

日焼けしない程度に一日数分程度は

太陽を浴びることをお勧めします。

低い天井の屋内から外に出ることにより気持ちも解放され

幸せホルモンのセロトニンも分泌されて心も元気になるはずです。


晴れた日には無料の太陽エネルギーを

ぜひ健康のためにご活用ください。



posted by Joe at 09:12| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

頭痛 (片頭痛)


先日お話しした首や肩など頭の周りの筋肉が緊張して起こる

頭痛(緊張型頭痛)のお話をしましたが、

今回は脳の血管が拡張して起こる片頭痛のお話です。

片頭痛はズキンズキンと波打つように痛む拍動性の頭痛が特徴です。

人により片側だったり、両側に出たり、吐き気をもよおしたり

こめかみから目のあたりがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛み

光、音、匂い、気圧や温度の変化などで頭痛が刺激されひどくなることもあります。


この偏頭痛ですが緊張型の頭痛とは対処が真逆になります。


血管が拡張して頭痛が誘引されますので、

血液の流れがよくなることをすると痛みが増します。

運動や入浴、マッサージなどは血液の循環を促すので

症状を悪化させます。


まず緊張型頭痛との見極め方ですが、

お辞儀をしたり息んだり等のように

頭に圧力がかかるようにすると、

ズキンズキンと痛みが強くなるので簡単に見分けがつきます。


対処としては

出来るだけ静かな場所で安静にして横になり

首から後頭部にかけアイスノンなどで冷やします。

おでこやこめかみを冷やすのも効果的です。

もし出先で片頭痛が起きた場合はコンビニでロックアイスを買って

冷やしてください。

コーヒーや紅茶、日本茶に含まれるカフェインは

血管を収縮する作用がありますので

痛くなりはじめに飲むのも軽減効果が見込まれます。


予防としては

寝不足、寝過ぎ、疲労、空腹など体のストレスは

片頭痛の引き金になるので避ける事。

とくに週末だからと寝だめや二度寝をするのは、

空腹と寝すぎが重なって片頭痛を誘発するのでお気を付けください。


慢性的に繰り返す方は慢性疲労や肩こり、首こりなど

背中から頭にかけて頭痛が起きやすい環境が出来、

自律神経のバランスが崩れている可能性がありますので

一度ご相談ください。


一たび頭痛が起きると日常生活にも支障を起こす片頭痛

まずは安静にして冷やすことをお忘れなく。


posted by Joe at 18:35| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

頭痛 (緊張型頭痛)


季節の変わり目のせいか頭痛を訴えて来院される患者さんが多い。

頭が重い、ズキンズキン痛む、目の奥から頭にかけて痛い、

頭が締め付けられるように痛い、頭が痛く吐き気がする・・・等々

人によりさまざまな症状がある頭痛ですが

来院される方の頭痛の種類は大まかに2種類。

・緊張型頭痛

・片頭痛 

頭痛はすべて肩こりからくるものだと思って

我慢して熱いお風呂に入ったりする方が多いのですが、

片方のタイプには正解で片方には間違った対処になります。

ではまず「緊張型の頭痛」から

首や肩がこることにより頭部への血液の流れが悪くなり

頭痛が引き起こされます。

症状としては

頭が締め付けられるように痛い、目の奥から頭にかけて痛い、

後頭部が重く痛い、ふわふわして軽く眩暈がするなど・・・

肩がこる原因は姿勢などの身体的ストレスや

精神的ストレス、運動不足など。

肩こりがひどくなると慢性的に頭痛が起きる人は

頸椎の歪みがある場合がほとんどです。

肩がこり筋肉が収縮すると

その筋肉が付着する歪んだ骨が引っ張っられて

歪みが増え頭痛のスイッチが入るという仕組みで

頭痛が繰り返されます。

カイロプラクティックでは肩こりの緊張の緩和とともに

頭痛のスイッチである頸椎の歪みを直し

肩こりの原因の身体の歪みの矯正

セルフケアや生活習慣の改善のアドバイスを行います。

ご自分でできる治療としては

適度な運動で血流を良くして筋肉をほぐしたり、

ストレッチやマッサージ、お風呂で温め血行を促すようにする。

要は肩こり改善の方法を実践すれば頭痛が軽減されます。

※力の限りの強いマッサージは

筋肉やその後の肩こりに悪影響を与えますので

ご注意ください。


慢性的に頭痛を繰り返す方は原因がどこにあるのか見極めるためにも

一度受診されることをお勧めします。


次回はもう一方の「片頭痛」についてお話します。


posted by Joe at 17:58| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

日やけ止めの日


本日は「日やけ止めの日」

なんで?って思われますが、

それには理由があって

明日は「春分の日」

明日を境に日照時間が増えるので

早めの紫外線対策を広く呼びかけるため!ということで

資生堂により制定されたそうです。

ん?販売戦略?という突込みは無しで・・・(笑)

確かに紫外線量も夏に向かってぐんぐん増えていきますので

お気を付けください。


今の時期はまだ太陽も低く

目に入る紫外線量も多いので

UVカットできるサングラスの着用も

眼病予防には必要なことです。


ではまるっきり太陽に当たらない方がいいかというと

人間の身体は陽を浴びることによって

ビタミンDが生成されます。

「午前10時から午後3時の日光で、

少なくとも週に2回、5分から30分間、

日焼け止めクリームなしで

顔、手足、背中への日光浴を行うことにより

十分な量のビタミンDが体内で生合成される」

とされています。

ビタミンDの働きとして

カルシウムの吸収率を高めて、骨の新陳代謝を活性化する

免疫作用を高めたり、睡眠の質を上げたりなど

多くの効果がありますので、

この時期は特に気持ちいいお日様と

うまくお付き合いしてみることも大事ですね。



posted by Joe at 17:52| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

大掃除


今日からお休みという方も多いと思いますが、

この時期皆さん大掃除をされる方がほとんどではないかと思います。

特に男性の方は普段できない力仕事を任される戦力でしょうからね。

ただお気を付けいただきたいのが、

そう、ぎっくり腰です!

普段やり馴れないことを短時間に沢山こなそうとすると

突然魔女の一突きが・・・

毎年この時期になると急にぎっくり腰の患者さんが増えます。

直前にやらず陽気のいい秋ころからコツコツやるといいのですが、

どうしても年末になってしまう場合は

あまり無理せずに見て見ぬふりを!

新年といっても次の日になるだけですから!(笑)



なんて訳にも奥さんの手前いかないでしょうから、

どうしたらいいかというと

掃除前のストレッチなど準備運動と

掃除途中でのストレッチ

終わった後の整理体操

固まった腰の筋肉をほぐすために

軽く20〜30分自転車を乗ってくる何てのもありです。

そして寝る前にも軽くストレッチ

これで完璧!

たかが掃除くらいとなめていると

後で泣きを見ます。

正月を寝て過ごす事にならないように

くれぐれも身体をいたわって使ってあげてください。

もしやってしまった場合は

まず冷やすこと

そして安静

急性腰痛の場合は絶対にお風呂など温めてはだめです。


そして来年は年末に大掃除をやらなくて済むように

秋くらいの陽気のいい時に少しずつお掃除するのが得策です。


えっ、私?

もちろん見て見ぬふりです!(笑)



年内は31日のお昼まで。

1月1日も午前中は診療しております。

何かありましたらお気軽にお問い合わせください。





posted by Joe at 15:49| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

秋の花粉症


今日から10月の始まりです。

そんな始まりの朝はどんよりとした天気。

少し肌寒く、出がけに小雨も降りだしてきた。。。

通勤どうしようかと考えたが

天気予報は朝方は少し降るけど基本曇り予報

予報を信じて自転車で。

走り出すと花がムズムズ

くしゃみも連発!

走行中のくしゃみの連発は自転車に乗っていると実につらい!(笑)

一瞬前が見れなくなるし、

身体も固定されているので

力を逃がす態勢をとりずらい。


大雨になれば花粉が雨で流されるので楽になるのですが、

中途半端な小雨は大気中の花粉を

下に落としてくるから晴れた日より辛かったりするんです。


今の時期に飛んでる花粉は主に


キク科のブタクサとヨモギ、そしてアサ科のカナムグラ
10659207_780219752058769_5352468693824086642_n.jpg


外で身体を動かすのにいい季節なのですが・・・

花粉症の方はもうしばらくの辛抱ですね。






posted by Joe at 23:33| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

救命講習


AEDってご存知ですか?

街中や至る所で目にするようになってきましたが、

使用したことが無い方や、

使い方がわからない人がほとんどだと思います。

私もまだ実際には使ったことがありません。

使わないのが一番ですが・・・

AEDは日本語にすると自動体外式除細動器

電極のついたパッドから自動的に心臓の状態を判断し、

もし心室細動という不整脈(心臓が細かくブルブルふるえていて、

血液を全身に送ることができない状態)を起こしていれば、

強い電流を一瞬流して心臓にショックを与えることで、

心臓の状態を正常に戻す機能を持っています。

全て機会が教えてくれるので誰でもこの器械を使って救命することができます。

でもいざとなると・・・

ということで日曜日の休みを利用して

定期的に受講している鎌倉市が主催する救命講習を受講してきました。

今回は時間が丸一日とれたので上級救命講習を受講。
P9140005.jpg



普通救命講習(3時間)ではAEDを用いた心肺蘇生、止血法

上級救命講習(8時間)ではそれに小児・乳児・新生児の心肺蘇生法、止血法、

傷病者管理法、外傷の手当、搬送法などの高度な応急手当の実技指導

および筆記・実技試験が加わります。

午前は深沢、午後は腰越救急隊の隊員の方に教えていただきます。
P9140003.jpg



P9140001.jpg




P9140008.jpg



最後に実技と筆記の試験を受けて
P9140011.jpg



長いようであっという間の一日が終了!
P9140012.jpg




P9140013.jpg



P9140015.jpg




日本でのAEDの普及率は世界一の45万台

でも使用率は3%ちょっと・・・

使い方がわからない、使うべきかどうかがわからない

という人が75%占めるこの現状。

AEDが使えれば救える命が多くある。

各自治体で救命講習を実施していますので

一度受講することをお勧めします。

鎌倉市の場合、在住、在勤、在学の方でしたら無料で受講できます。

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/qq-kyumei/kyukyukousyu.html


忙しくて時間がないよ、という方

WEBでも応急手当講習があります。

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/e-learning/index.html

ぜひのぞいてみてください。



posted by Joe at 17:47| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

バイクフィッティング


本日は仕事終わりにロードバイクのフィッティング
P7050258.jpg



膝痛で来院された女性の患者さんなのですが、

話を聞くうちに、膝痛を再発させないためにフィッティングの

必要性を感じ、膝が治ったところで総仕上げです。

このバイクに変えた時にフィッティングを受けたとの事ですが、

クリートの位置からハンドルやブラケットの角度、

サドルの高さに前後位置などすべて変更が必要な状態でした。

どおりで膝に無理がかかるわけです。

なんとサドルが2.5cmも上がって2cm後退

その結果VENGEがロードバイクらしいたたずまいに変身!
P7050258.jpg



かっこよくなった姿に患者さんも「これが私のバイク?」と

驚いておりました。

ロングライドをバリバリこなす患者さんの

今後は良き相棒になってくれる事と思います。


posted by Joe at 20:08| からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

まだ6月なのに


6月になったとたんに連日真夏日のこの暑さ・・・

当センターでも冷房を入れ始めました。

冷房が苦手な私にはつらい季節の始まりです。


この時期はまだ暑さにも慣れていない人が多く、

ここ1週間のあいだに熱中症で病院に運ばれた人は、

全国で1637人にもなりました。

おとなりの東京が146人と最も搬送された方が多く、

全国では4人が死亡、

重症で長期入院が必要な人も41人にもなるそうです。


まだ6月だからと油断せずに、

喉が渇いてから水分をまとめて取るのではなく、

喉が渇く前にこまめにとるようにし、

部屋も室温が28度を超えないように

エアコンや扇風機を使うなどして

熱中症の予防に努めるようにしてください。


自転車に乗られる方は、まだ暑さにも慣れていないこの時期、

長い距離や高強度での走りは様子を見ながら

徐々に暑さになれてから行うようにしてください。

ボトルはダブルボトルで片方にスポーツドリンク

片方にはかけ水にも使える水を入れておくと便利です。

適宜日陰での休憩も取るようにしてください。

具合が悪くなったら自走で帰ることは無理になりますので

こまめな休憩と水分補給を忘れずにお気を付けください。








posted by Joe at 18:16| からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

寒の戻り


今日は寒いですね。

ここの所暖かい日が続いていたから

雨も降ってるし余計に寒く感じます。

ただ雨と寒さのせいで花粉症は楽ですが・・・

明日雨が上がって地面が乾きだすと

地面にたまっていた花粉が舞いだすので

花粉症の方は完全防御で望まれる方がよろしいですよ。


そしてこの寒さで気を付けなくてはいけないのが、

身体が寒さで固くなるので「ぎっくり腰」に要注意です。

本日だけでも3人の患者さんが来院されています。

筋肉が固くなり伸び縮みがしづらくなったところに

急に筋肉を伸ばす動作をすると、

うまく伸びてくれずに筋繊維の何本かが切れてしまって

痛めた状態になり

いたたたと・・・orz

ロープに重りをぶら下げていき耐えきれなくなったときに

ブチブチと繊維が切れてほつれるのを想像してください。

いかにも痛そうですよね。

そうなんですぎっくり腰は相当痛いんです。

だからならないように

同じ姿勢を続けない

身体を冷やさないように保温を心がける

急な動作はしない

動き始めは慎重に

「どっこいしょ」と声を出すのは意識して動作の補助になるので

意外といいんですよ!(笑)


間違っても「よっこいしょーいち」と声に出すのは

冷たい目を向けられる可能性がありますので

用法容量を守り正しくお使いください。(笑)



もし「ぎっくり腰」になった場合

自分で出来る事は冷やすことと安静につきます。

お風呂でじっくり温まるのはかえって症状を悪化させますので

シャワーで汗を流す程度にとどめるのが無難です。

そいて横になって痛めた腰の筋肉を休めてあげることです。

座っておとなしくしているのは安静になりませんよ。

座っているときには立っている時以上に腰の筋肉はフル稼働しています。


わからないことがありましたらお気軽にお問い合わせください。








posted by Joe at 16:50| からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

膝痛の患者さんのフィッティング


先日になりますが膝痛に悩むMTB乗りの患者さんの

フィッティングを行いました。
P2110766.jpg



ロング系の海外のレースにも出場経験を持ち、

膝の痛みで自転車に乗れなくなり

通院されて王滝100kmを完走するまでに回復しましたが、

練習強度を上げた状態が続くと膝に微妙に違和感が出る。

根本の原因は身体の歪みで膝に負担がかかるということなのですが、

その痛みを引き起こす要因は自転車のポジションが悪かったせいで

誘発されていました。

フィッティングの結果、

サドルの高さが2.3cmも変わり、あまりにも自然に足が動く事、

どこにも無理のない自然なポジションに感動されて

しきりにもっと早くやれば良かったと

言われていたのが印象的でした。

身体以外にも原因が有る場合は

トータルで診ていかないと痛みの除去というのは難しいというのが

再認識されたフィッティングでした。

posted by Joe at 17:30| Comment(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

大掃除にご注意


残すところ今年もあと一日になりました。

大掃除を頑張ってぎっくり腰になる患者さんが

大変多いです!

先週、今週と特に多いです。

今年の汚れは今年のうちになんていいますが

疲れもたまり、身体もかたくなってる寒いこの時期に大掃除をするのは

あまりお勧めできません。

大掃除は秋の少し涼しくなった時期や

夏前の陽気がいいころにやるのが一番ですよ。

くれぐれも頑張りすぎないように

お気を付けください。


もしなった場合は安静にしてまず冷やす。

腰痛はじっくりお風呂に入って温める!

なんてよく聞きますが

ぎっくり腰のような急性の腰痛はこれには当てはまりません。

さらに悪化させるだけです。

足首の捻挫と同じとお考えください。

冷やすのも湿布ではヒヤッとするだけで冷えませんので

氷を利用した氷嚢やアイスノンを使って

患部の温かいところをアイシングしてください。

せっかくのお休みを痛い思いをして過ごさないためにも

暖かくなってから大掃除!

ただ単に次の日になるだけですよ!(笑)


大みそかの明日も診療してますので

もしなってしまった場合は

お正月でも診療を受付しますので

遠慮なくお申し出ください。




posted by Joe at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

冬至


今朝は朝焼け見ながら出勤したので、

夕焼け見ながら帰宅!

なんて思っていたらすっかり外は真っ暗・・・(笑)

さてぼちぼち帰るとしますか。



今晩は柚子湯!

というご家庭も多いのではないでしょうか?

柚子湯に入ると血行を促進して冷え性を緩和したり、

体を温めて風邪を予防したり、

果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。

さらに、柚子の香りによるリラックス効果など。

ゆずの香りって落ち着きますよね。。。

いよいよ来週には新年を迎えます。

どなた様も風邪などお召しになりませんように。


posted by Joe at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | からだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする