2014年12月18日

全日本シクロクロス


スポーツランドSUGOモトクロスコースで行われた

全日本シクロクロス選手権ですが

当日の朝会場に向かう途中から雪が降り出し

会場近くの道は一面真っ白

車の外気を示す温度計はマイナス3度を示す。

朝7時に会場に着くと

吐く息も駐車場も真っ白・・・
10505570_311499462374406_6891701091511113684_n.jpg



とにかく寒い

寒さが肌を刺すように寒さがしみる

でもそんな寒さも無問題

アンカーブースにはストーブが完備!

火を入れるともうぬくぬく

ただその場から離れられなくなる・・・


8時を過ぎる頃には陽も時々さし始め

女子エリートのレースが始まる頃には

凍った路面も溶けだし

スタートに並ぶ豊岡選手に声をかけに行こうと

コンクリートから土のコースに入ると

一歩ずつ背が高くなる・・・

粘着性の高い泥がまとわりついて離れずに

次の一歩でまた付着し、どんどん靴が重くなる。
PC140011.jpg



選手はこんな泥の中を格闘していたのかと思うと

ホント凄いと思う。


レースも終わりバイクを洗うが

水をかけるそばから凍りだし

ホイールなんかスポークにつららができる始末

ストーブで溶かしながらふき取り。

こんな熾烈な環境だからこそ

色々な明暗が分かれたこのレース。

ただいえるのはこの環境で戦った選手は

みな賞賛に値すると思います。


数々のドラマが生まれた全日本

また1年後が楽しみです。




posted by Joe at 11:49| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。