2013年05月17日

小橋勇利レースレポート

大会名:Grand Prix Leclerc à Angers
開催場所:フランス,Angers
開催日:5月15日
カテゴリー:1,2,3,J
コース:140km
出走人数:100人程
リザルト:23位
天候:晴れ時々雨
リンク:http://www.directvelo.com/actualite/26273-grand-prix-leclerc-a-angers-classement.html#.UZUwE4LKNjN
今回はあまり情報がない中スタートした。
フランスに来て初めての完全なラインレース。
脚の調子もあまり良くない上にコースプロフィールも知らないため後半に力を残すように心がけて走った。
例のごとくスタートからアタック合戦。
自分も何度か乗るが、脚を使いすぎないように心がける。
30分後ぐらいに大きな逃げが決まる。ここにチームメイトが2人乗った。
完璧だ。あとは他のチームのチェックに入るだけ。
脚を残していたため、チームの評価も得るべくしっかりチェックに徹する。
常に前をキープし、アタックに反応。
何度か短い急な上りが出現するが落ち着いてクリアできた。
いつもは上りで頑張りすぎて上り終わりの平坦引き延ばしでやられているため今回はその点を注意して走るとうまくいった。
2時間近くアタックに反応し続けていたのでさすがに垂れ気味。
他の選手にも疲れが見え始めた。
逃げとは1分の差を残したところの上り終わり横風区間で他の選手のチェックに入ったままついて行くと
10人程の追撃グループが形成。
チームメイトも一人入っていた。
ここからは追ってはいけないのでひたすら着き位置。
僕は何度か怒鳴られてローテーションに入ってしまったが、チームメイトに絶対入るなとアドバイスを受けた。
残りは15kmを切っているあたりでテクニカルなコーナーが何個かあった。
そこで前の3人のみ先行、後ろはお見合い状態になってしまった。
僕はどうしていいかわからないがこのままではまずいと思い先頭を全力で牽いた。
これが失敗だったようで牽き終わり交代するとチームメイトのアントワン。
しかしその後ろは全く付かず、仕方なく僕が入るはめに。また先頭を牽き、交代するとアントワン。
次の先頭交代で限界が来たのでかなり大きく横に避けた。しかし全員僕の後ろに着き位置。
前に行けと合図を出すと全員にアタックを食らう。
そのままもう一人の選手となんとか着こうと粘ったがオールアウトし遅れてしまった。
せっかくのチャンスなのにもったいないことをしてしまった。
その後はしばらく2人で走り後ろから来た10人程のグループに合流。
なかなか速いペースで苦しかったがなんとかゴールまで粘り、スプリント。
スプリントは今までの反省を活かし、グループ内では頭を取れた。
結局僕が最初にいたグループは逃げの大半(優勝したチームメイトと2位の選手を除く)を吸収した模様。
あそこで残れていればいい順位を残せただけに悔しい。


しかし、3月の頃に比べると格段にうまく走れている。
成長を感じられて嬉しい。
コルシカのステージレースまでにはしっかりコンディションを上げていきたい。





posted by Joe at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レースレポート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。