2013年05月17日

小橋勇利レースレポート

大会名:Grand Prix de Doué-la-Fontaine
開催場所:フランス
開催日:5月9日
カテゴリー:1,2,3,J
コース:3.6km×23周=82.8km
出走人数:50人程
リザルト:15位
天候:くもり
今回もクリテリウム。
コースはかなりテクニカルで路面も荒れていて、石畳もある難しいコース。
参加人数は少ないもののレベルの高いレースで今回もかなりいいメンバーが揃っていた。


結論から言うとまさかここまでキツいレースだとは思ってもいなかった。
僕の競技人生の中でのキツいレースNo.1を間違いなく更新した。


スタート同時にアタック合戦開始。
今回のレースは短い上に人数も少ないため、後手に回ると追いつかないってことにもなりかねないと判断し前半からガンガン行く。
何度か抜け出すが風がかなり強いためすぐに吸収されてしまう。
それでもすかさずカウンターアタックが掛かり全くペースが下がらない。
コーナーの立ち上がりは毎回全開スプリント。全開というのは大げさではなく、本当に全開。
ゴールスプリントと同じスプリントを何度も何度も繰り返す。
苦しいが自分もアタックしなければ前には残れない。
少しでもペースが緩まればアタックに備えるべくもがいて先頭に出る。
風が強い上にコーナーが多いためみんなが脚を使う展開。脚を溜めれている選手はいないだろう。
こうなればLT値が高い選手が動けて、そうでない選手はつくだけで精一杯という感じ。
中切れも多発し集団もコンパクトに。
30分くらい経過したところで降りている選手も沿道にチラホラ見かけるようになった。
集団は20人程で落ち着き、この中での勝負に。
こんなに速いペースだと1時間もしないうちにペースが落ちるだろうと思っていたのに全く下がらない。
常に心拍はVO2MAX領域。本当に死んでしまうのではないかと思った。
1時間経過してもまだ下がらない。キツ過ぎて何度も千切れそうになるが死にものぐるいで食らいつく。
走っている時に何度も失望しかけた。


いつまで続くんだ?


もう縁石にでも乗り上げて落車した方が楽だよな〜




落車しないかな〜俺。


など正気を失いかけた。
なぜ苦しさの中に楽しさを見出せないのだろうと考えた。
意外にも簡単に答えが出た。それは目標を優勝という高すぎる位置に置いているからだと気づいた。
かなり前にブログでも書いたが、僕は何をするにも目標は必ず必要だと思っている。
"とりあえず大学に入る"なんてのは地図もコンパスも持たずに海に出てジパングを目指すようなものだと僕は思う。
だから僕はいつも自分の中で最終目標を決め、さらにそこに行き着くための中間目標を立て、それを1つずつクリアしていくようにしている。
(最終目標:ツールドフランス→プロチーム加入→UCIレースで表彰台→エリートナショナルで優勝)※これは例です
大雑把に表すとこんな感じだ。
話が少しそれたが何を言いたいかというと、このレベルのレースで優勝という目標は2つも3つも先の中間目標だったのだ。
あと少しで届きそうな場所に吊るされているものなら頑張って取ろうという気にもなるが、高い絶壁の上に吊るされているものは取る気もおきない。
このレベルなら先頭集団でゴールするという目標で今の自分には十分だと気づいた。
優勝が目標だと今の状況は全くうまくいっていないが、集団ゴールが目標だと今の自分はうまくいっている。
そう思うようにした途端少し気が楽になった。
しかしながら苦しいのは変わらない。1時間も全力でハンドルを握りしめているせいで手が痛い、何度も繰り返すスプリントで足の裏も痛い。
水を飲む暇も見つけるのが難しい。
1時間20分くらい経過したところで初めてアタックが止んだ。
1時間以上集中を続けていたせいで頭がすごく疲れたが、ここで切れら全て水の泡だと自分に言い聞かせ頬を自分で叩き気合いを入れる。
30秒ほどの牽制後またアタック合戦開始。
ここから自分もアタックに乗る。
本当にキツいが監督にもアピールするチャンスだ。
残り20kmほどを残して3人で抜け出す。
一人はヴァンデUのかなり強い選手。これはいいタイミングだ。
ここに合流を願いたいところだが誰も来ない。
次のプリム(賞金が掛かったポイント賞)で3人がバラバラに。
後ろから集団も迫っていたので諦め吸収。
しかしヴァンデーUの選手は諦めず独走。僕が吸収され集団が緩んだところで強い選手がもう2人アタック。これが前に合流し最後まで逃げ切った。
その後は少し(本当に少しだけ)集団が元気を失ったので僕はチームのエースに少しでも貢献すべくアタックを何度も仕掛けた。
逃げ目的というよりは集団の活性化目的で。
それをなんとか最後まで遂行し集団スプリント、15位でゴール。
逃げとは最高30秒ほど開いたが、最終的には4秒差程でゴール。
とてもキツいレースだったが収穫も多く、監督の評価も得られた。
ついでにプリムも二回獲得し、€60ゲット!笑
このまま成長が続くよう引き続き練習を頑張ります。



posted by Joe at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レースレポート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。