2011年11月01日

デフサイクルフェスティバル

8月の終わりにトレイルで知り合った早瀬夫妻

聴覚障害を持ちながら御夫婦でMTBを楽しまれ

レースにも参加されています。

その早瀬さんたちろう者が企画する自転車イベント

「デフサイクルフェスティバル2011」に

ゲストとして招待していただきました。

会場は大塚にある大塚ろう学校

生まれて初めてJR大塚駅に降りましたが

徒歩10分くらいなのですが

うっかり曲がる交差点を見落とし

おかげで巣鴨とげぬき通り発見!(笑)

この先がおばあちゃんの原宿か!と

訳の分らぬ感激をしながら

地元の人らしき人に道を尋ねながら無事到着!
P1060857.jpg

一通り打ち合わせをした後

外に出ると来場者の皆さんが受付中!
P1060859.jpg

本日は被災地へのチャリティーも兼ねています!
P1060860.jpg

午前中は体育館にてこのようなスケジュールで進行します。
P1060862.jpg

いつもの日常と違うのはここでは声が有りません。

手話で説明し進行して行きます。
P1060863.jpg

ただ耳の聞こえる方のために手話通訳の方たちが

手話のできない私たちのために御尽力してくれています。

片山選手も早瀬さんと打ち合わせ中に手話通訳の方が

間に入ってくれています。
P1060864.jpg

その早瀬さんですが先日横から車が飛び出してきて

避けきれずに衝突し、

肩の靭帯を切る大怪我をされました。

ろう者の方は耳が聞こえませんから

呼ぶ時に気付かせるために皆さん肩をたたくのです。

肩をたたかれると痛い早瀬さんは
P1060869.jpg
ホント切実なんでしょうね・・・(笑)笑ちゃいけないんだけど・・・

カナダで行われたロードレース、世界ろう自転車競技選手権に

参加された方の活動報告や
P1060866.jpg

MTBではシマノバイカーズ、Jシリーズ

最近では川崎マリンエンデューロでも2位入賞の報告も有りました。

その後のトークショーで
P1060905.jpg

片山選手、デフアスリートでNHK手話ニュースキャスター845の高島さん、

私の3人がステージに上がり

コーディネーターの早瀬さんが手話でしゃべり
P1060900.jpg

ステージ下で手話通訳の方が手話を声にしてくれ

私たちが声でしゃべるものを
P1060887.jpg
後ろにいる手話通訳の方が会場の皆さんにむけ手話で伝えてくれる。

多くの方の支えでトークショーも無事終了。

その後のステージではファッションショーが行われ

特別審査員に片山選手
P1060907.jpg
結構ネタを仕込んでいたりで多くの笑いに包まれていました。

外会場では出展ブースに

サイクルスポーツの八重洲出版
P1060910.jpg

梅丹本舗
P1060909.jpg

深谷産業
P1060908.jpg

体験コーナーでは

スポーツ自転車の試乗
P1060915.jpg

ママチャリタイムトライアル
P1060913.jpg
片山選手もかなりのタイムをたたき出していましたよ!

そして私はストレッチやセルフマッサージ、姿勢指導などを担当
P1060917.jpg

こうして無事に第1回のデフサイクルフェスティバルは終了しました。

お世話になった方々です。
P1060916.jpg

右から

ずっと私を担当してくださった手話通訳の田村さん

私のアシスタントで来てもらった渡辺啓介さん

デフアスリートでNHK手話ニュースキャスター845の高島良宏さん

早瀬さんの奥さまの久美さん

片山梨絵選手

当日の救護を担当してくれていた昭和医大小児科の森田先生

早瀬憲太郎さん

それ以外にも多くの方の力が結集して行われたフェスティバルでした。
P1060919.jpg

今後も2回、3回と続いて行けるように私も微力ながらお手伝いしたいと思います。


同時に健常者の私たちがろう者を受けいれる準備を進めて

皆が等しく楽しめる環境を整えて行かないといけませんね。

とても色々な事を考えさせられる一日でした。






posted by Joe at 18:03| Comment(14) | TrackBack(0) | MTB | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしいイベントだったようですね。
事のため参加できなくて残念でした。
次回は是非 ♪♪
デフサイクルフェスティバルがますます発展することに期待しております。
ではでは
Posted by セイヤ at 2011年11月01日 20:14
こういう活動もされているのですね。

ご多忙の中、頭が下がります。

先日もてぎのエンデューロに参加してきたのですが、下半身が不自由な方が手で漕ぐ自転車で走っていらっしゃいました。

我々健常者の常識では、脚が動かなければ自転車には乗れないと思いがちですが、既成概念に捕らわれちゃいけないんだなぁと思いました。

健常者も障害者も自転車乗り同士、相互理解がより深まっていくといいですね。
Posted by 龍 at 2011年11月02日 01:45
Joeさん

身近に聴覚障害のある方がいないので、改めて考えた事がないのですが、そういった方でもいかに安全に自転車に乗る環境を作れるか、大切な事ですね。すると、自ずと、健常者が自転車に乗る環境も整備されるでしょうね。一方で、環境だけでなく、自分の方も安全に気を付けないと、ですね。公道では大丈夫だろうじゃなくて、大丈夫じゃないだろうベースで。

西さんもブログで言ってましたけど、折角の趣味の自転車なのに、それで怪我したらバカバカしいですよね。

以下、脱線ですが、、、ミシガンでは老若男女、自転車を楽しんでいる風景を見ます。特に、おじいちゃん、おばあちゃんが揃いのバイクジャージを着て、2台、あるいはタンデム自転車で走っているところなんて、印象的です(オフロードのトレイルにタンデムで乗っているおじいちゃん、おばあちゃんペアもいた!)。
日本もロードが流行ってるんですってね。でも、こういう風景ってありますか?なさそうですね。今の流行が一時期の物でなく、文化として定着するように、って思います。
※そういう割に、うちの嫁は自転車に乗らないので、僕はいつもひとり旅です(笑)
Posted by りょう at 2011年11月03日 09:59
1月程前にjoeさんのblog発見させて頂き仕事、趣味など活躍されている様子いいなと、思います!海沿いで自転車を走らせる方を見かけ何気なく見ていましたが、身近なサイクリングコース私もママチャリで走って見ってみたくなりました(^_-)!
Posted by tane at 2011年11月07日 12:46
・seiyaさん

とっても素晴らしいイベントだったのですが
まだまだ知名度が・・・
今後も世間に知ってもらえるように頑張っていきたいと思います。
Posted by Joe at 2011年11月08日 00:07
・龍さん

楽しいものは楽しい!(笑)
楽しい事を世に知らしめること
そして皆が平等に楽しめる社会づくりを目指していきたいです。
龍さんのお力もぜひ!
Posted by Joe at 2011年11月08日 00:11
・りょうさん

日本の自転車文化はママチャリですからね・・・
なかなか海外のようにスポーツバイクで老若男女が楽しめる
というわけにはいきませんよね。
タンデムバイクだってほとんどの県で禁止されてるし。
オフロードでタンデムを楽しまれている
お年を召した方がいるなんて素敵過ぎます。

ところでリヤメカの不調治りましたか?
Posted by Joe at 2011年11月08日 00:17
・taneさん

ブログを見てくださり
そしてコメントをありがとうございます。

そう思ったら即行動!(笑)
ママチャリで構いませんから身近なサイクリングコースを
御自分のペースで走ってみてください。
走り終えた後にはもっと元気になった自分がそこにいるはずです。
慣れたらちょっと足を延ばして冒険するのもお勧めですよ!

走ったらぜひ教えてくださいね♪
Posted by Joe at 2011年11月08日 00:23
Joeさん

先日職場で自転車が話題になったのですが(日本人同士)、チャリと言えばサンダル突っかけてのるもんだろう?!って言われました。そうですね、日本はママチャリ文化ですね(汗)
アメリカではご存じの通り、ほぼスポーツ自転車。環境的にはアメリカよりもヨーロッパの方が参考にしやすいのかなぁ。

ワイヤーを外して締め直して調整したら少しマシになったので、雪が降るまではそれで過ごします(真冬までのわずかな時間を乗っておきたいので)エンドは定規を当ててみたのですが真っ直ぐっぽいです・・・。ご心配、ありがとうございます。

そういや弟が幕張で片山さんにサインもらってました。ムムム~(笑)
Posted by りょう at 2011年11月08日 13:00
・りょうさん

日本のスポーツ自転車文化は
これから作りあげていかなければいけないのですが、
ノーヘル、ちゃんとしたカッコしていても信号無視は当たり前
こんなお寒い状況では文化もへったくれもなさそうです・・・。
りょうさんが日本帰ってきたらロードバイクが増えた事、
そしてあまりのマナーの悪さにびっくりすると思います。


リヤディレーラーは無理やり手で外側に引っ張るという
力技の最終奥義が有りますが自己責任で・・・(笑)
ショップに行くとエンドが曲がっているかどうか調べる工具が有り
曲がっていればその工具で修正できます。

片山選手だけではなく西選手も会場にいたそうですよ!

Posted by Joe at 2011年11月08日 17:48
Joeさん

アメリカの場合、何せ広いのでマナーの善し悪しを気にする必要もない、と言う所が実はあります。たまに常識ない人もいますし。でも、大多数はマナー守ってますけどね。

ディレイラーは真冬になったら自転車屋に行って来ます。快調になるといいな。

西さんがいる事も連絡してたのですが、分からなかったらしいです。飛び回ってたんですかね~。なんか、オフになってからブログの更新が多いので楽しそう(笑)
Posted by りょう at 2011年11月09日 12:09
・りょうさん

西選手はMUSASHIというサプリメーカーにいたので解りずらかったかも。
私の友人はしっかり写真を収めてましたよ。

ショップになかなか行けない時は
リアエンドをネットで注文して自分で交換するという手も有ります。

日本も今日から寒くなってきました。
りょうさんも風邪などひかぬように身体にお気をつけてお過ごしください。
Posted by Joe at 2011年11月09日 17:29
Joeさん

そういや弟が、片山さんは全然すごい人に見えなかったって言ってました。Joeさんのコメントと全く一緒(笑)

今日、初雪が・・・でもまだ週末は行けそうなので、走って来ます!
Joeさんもお気を付けて。
Posted by りょう at 2011年11月11日 11:26
・りょうさん

そうなんですよ!
でもそれがジャージという戦闘服に着替えると
無敵戦隊カタヤマンに変身するのです!(笑)

もう初雪ですか・・・
残された時間を思いっきり楽しんでください!
Posted by Joe at 2011年11月12日 15:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。