2013年04月17日

小橋勇利レースレポート

大会名:La Gislard
開催場所:フランス
カテゴリー:エリートナショナル
コース:10.5km×14=160km
出走人数:170人程
リザルト:47位
天候:晴れ
リンク:http://www.directvelo.com/actualite/25522-la-gislard-classement.html


昨日に引き続きエリートナショナル。
ステージレースではないが、主催者は同じなためゼッケンも昨日と同じ物を付けて走る。
今日はホテルをチェックアウトし南へ50kmほど車で移動。
コースは一直線のアップダウンの横風区間後、狭くクネクネのテクニカルな農道を抜け再び横風区間のアップダウンを経て一周だ。
今回のポイントも横風で起こるであろう逃げ、又は中切れに備え前で走る事。
また最低限農道に入るまでには前に位置取ることだ。農道はコーナーが多く後ろにいては無駄足を使ってしまうためだ。
願ったかいあってか、昨日の天気は嘘のように晴れ渡っていた。
気温も一気に20℃オーバー。
温度差にやられてしまいそうな程だ…
昨日はチームメイトも全員前に並ばれる戦略にやられてしまったので、昨日のミーティングでは監督から
"ギリギリまで前でアップしていてスタート直前に前に並んでやれ!"
と言われた。もちろん言われなくても昨日のスタート前の光景を見て、"明日は俺もそうしよう"と思っていた。
スタート予定時間丁度にトイレ済ませスタートラインに向かうとちょうどいいくらいだった。
前から二列目でスタート。
がしかし、右からの横風の影響で先頭が左に寄っている時に後方右からのアタックで選手が一気に左斜め前へなだれ込んで来た。
風に当たりたくないと170人全員が思っているわけで集団もギクシャク。
落車も発生する。
それも全て左側の選手が。
選手は風上から前に上がり風下へ流れてくるわけで左にいては身動きすら取れない。
失敗した。
集団の中盤より少し後ろで農道に入ってしまう。
やはり後ろはキツい…
横風区間で風上から脚を使ってでも前に行く。
前には既に逃げが先行している。10人程だろうか。
この逃げを追うローテーションに加わる。
3周目を終えたところで前の逃げがバラバラになりかけているのが見えた。
集団もアタックが頻繁に掛かり疲れが見えて来た。
自分もキツいが僅かな可能性にかけてアタックに乗る。
10人程で抜け出せた。
ここが踏ん張りどころだ。
前との差は30秒ほど。
逃げのスピードが落ちているのもあるがこちらのスピードも高いためあっという間に縮まった。
さあ逃げ集団は15人程。
これは行ける!と思ったが農道に入り少しするともう後ろに集団が迫っている。
まじかよ…
エリートナショナルでなければ決まってるような逃げだったがそんなに甘くはなく吸収。
レースは完全に振り出しに戻ったためスピードが落ち着く。
4周目に入るところで補給をもらう。
多くの選手がこのタイミングで補給を行った。
しかしここがターニングポイントだった。
補給所で位置を下げてしまったため見えなかったが補給所が終わったすぐのところで先頭がペースアップ。
中切れが発生し、20人程が先行。
気づいて前に上がった時には15秒程の差。
しかし前の周回のアタックで脚を使ってしまって苦しくて単独ブリッジをする力がない。
実力不足だとこうなるのだ。チャンスが限られ、打つ手も限られる。
僕は練習とはレースの時にどんなシチュエーションでも先頭の争いに加わる手段を増やすことだと思う。(アマチュアの場合は)
脚がなければ逃げに乗りそれが決まるのを祈ることしかできないが、脚がある選手は決まりそうだなと思ったアタックに単独ブリッジをすればそれで済むのだ。
もちろん先に自分からアタックすることもできる。それだけ戦略の幅があるということだ。
今の自分の力では集団がこの逃げを吸収してくれることを願うことしかできない。
いわゆる展開まかせだ。
しかし、やはりその逃げに追いつく事はなかった。
あの強風の中単独ブリッジしていったチームメイトのシリルが印象的だ。
彼は本当に強い。


自分はこの集団で諦めずにローテーションに加わることしか出来なかった。
そのまま回りながら残り距離を消化する。
最終周はアタックにのり5人ほど(才田選手を含む)で抜け出し、前の逃げから溢れた15人程の小集団にゴール3km手前で合流することに成功。
最後はスプリントして20人程の集団の先頭でゴール。
この中にいたチームメイトで同じ2カテのチボーが次いでゴール。
今回のレースもレベルが高かったため自分の実力不足を身をもって感じた。
しかしレースを見る能力に関してだけは少しづつ上達していると思う。
勝ち逃げに乗るまであと一歩だ。


来週のレースはまだ決まっていないがステージレースのメンバーに選ばれることを願う。


ボンシャンス/UC NANTES ATLANTIQUE
小橋 勇利(Yuri Kobashi)
1994/9/28(18歳)


posted by Joe at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レースレポート | 更新情報をチェックする

小橋勇利レースレポート

大会名:COURSE LA GAINSBARRE
開催場所:フランス
カテゴリー:エリートナショナル
コース:160km複合クリテリウム
出走人数:180人程
リザルト:DNF
天候:雨


今回のレースはナントからさらに北へ350kmほどいったところで行われるため前日から移動しホテルに泊まった。
当日は朝から雨。気温も6~8℃しかない。
ホテルからは8kmほど自走し、サインを終えスタートラインにならんだ。
今回はかなりレベルが高そうだ。恐らくプロコンチネンタルチームも混じっているだろう。(正確にはわかりません…すみません)
おまけにコースもかなり厳しそうだ。道は狭く入り組んでいると聞いたし、上り終わった後の平坦は爆風が吹いている。
スタートは今までの経験を活かし先頭にならんだ。
がしかし出走は180人。予定のスタート時間が過ぎてからどんどんスタートラインを越えたところに他から来た選手が並び出した。
フランスに来てから知った事は大抵時間通りにレースはスタートしないということだ。
今回も4分くらい遅れてスタートした。しかも急にカウントダウンが始まりスタートする感じだ。
スタートラインだってあるようでないようなもの。正直、道ばたからスタートしても何も言われないと思う。
今回は特にそれが酷くスタート直前になってから前に選手が60人以上並んだ。
スタート直後からコーナーでかなり詰まる。が、抜けると一気に時速60kmの一列棒状に。
この位置は最悪だ。なんとか前に上がりたいがスピードが高過ぎてなかなか前に上がれない。
しかも気温が低過ぎて身体に力が入らない。
これはどうしようもない。スタート前に出来るだけのことはしたが、それもこの寒さには応えられなかった。
視界もすごく悪く前の選手がよく見えない。
じわじわと位置を上げ50番手くらいまで来たところで集団前方で大落車。
危なく巻き込まれるところだったがなんとか回避。
だが道が狭いため足止めをくらう。
落車よりも前にいた30~35人ほどの選手がそのまま逃げ集団に。
落車渋滞を終え加速するとまたすぐに前で落車発生。
デンジャラスすぎる。
必死に前の逃げ集団を追うが追いつけず。
横風区間で集団はバラバラ。ローテーションも自分勝手な選手が多くうまく回らない。
半分ぐらいの選手が寒さ、雨、大落車、集団細分化の影響で1周で降りていく。
僕の身体も肩、肘、膝多くの関節が寒過ぎて動かない。
肘は曲げると痛みが走る。
僕のいた20人程の小さな集団も気づけば6人ほどに。
残り110kmほど残してレースをやめチームメイトとホテルに戻った。
ホテルに戻った後は風邪をひかないよう細心の注意を払った。


今回のレースは微妙な物になった。
結局180人走って完走したのは20人強。
次の日もレースは続くため、次のレースを見る事にした。


今回のレースは悪条件が重なり、全く面白くないレース&レースレポートになってしまいました…
が、その分次の日にかけて走りました!


ボンシャンス/UC NANTES ATLANTIQUE
小橋 勇利(Yuri Kobashi)
1994/9/28(18歳)
posted by Joe at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レースレポート | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。