2012年10月31日

Jシリーズ白馬さのさか大会


いよいよ片山梨絵の現役最後のレース

ついにこの日を迎えた。

外は冷たい雨。。。

アジア選手権で行ったレバノンは晴れる自信あったが、

今回は晴れる予感が全く無かった。

Jシリーズの会場に6年来ているが、

自分が携わるレースでは初めての雨。。。

きっと涙雨。。。



遡ること先週の話

身近な人間が突然、扁桃腺周囲膿瘍になりレース4日前に入院を余儀なくされた。

喉を切開する手術もおこなわれた。

そんな状況だから週末の白馬はあきらめ、

片山に断りの連絡を入れた。

術後の予後が良く、急遽日曜日に退院できることになったおかげで

突然白馬に行けることになった。

このままだと一生悔いが残る所だったが、

片山の最後の走りを見届ける事が出来る!

強硬日帰りで白馬に出発。

白馬に着くとまずは片山が宿泊する場所に直行する!

現役最後の身体のメンテナンス。

間に合ってよかった。


会場ではいよいよ最後の舞台が整えられていく。
P1020497.jpg


片山は終始にこやかだったが
P1020489.jpg


アップを始めると顔つきは一段と厳しくなり、

最後のレースに向けた意気込みが伝ってくる。
P1020495.jpg
後ろではメッセージを書きに来てくれる人が絶えない。


撮影に訪れる人も絶えない。
P1020500.jpg


最後のスタートマッサージを行い、
CAV0XW0G.jpg
(C)Shojiro Nakabayashi


スタートラインへと送り出す。
無題15.jpg
(C)信州ふぉとふぉと館


女子エリートスタート!
CA7WRLJX.jpg
声を限りに叫ぶ!

片山行けぇ~!!


CAHSIBD6.jpg


気が付くと雨は上がっていた。

IMG_0255.jpg


IMG_0259.jpg


CAJBGRON.jpg


CAN6ADXN.jpg


IMG_0264.jpg


IMG_0262.jpg


IMG_0270.jpg


IMG_0277.jpg


IMG_0284.jpg


IMG_0289.jpg


IMG_0304.jpg


IMG_0309.jpg


IMG_0312.jpg


IMG_0320.jpg


CA0ZFZ40.jpg


CAHOFU0O.jpg


CA20KI4W.jpg


CAYNSYLR.jpg


CAKVPC3R.jpg


CAMY1UBH.jpg


CAPXXH7E.jpg


ゴール後感動も冷めやらぬ間に

強制的に冷静にならざるを得ない状況に・・・


Joeさん、足見て、足!

私怖くて見れない・・・

そんな会話がこの瞬間
CA1Z4WJH.jpg

膝を見ると尋常ではないほどぱっくりと開いた傷が・・・

急いで救護に向かいたいが、

祝福に訪れる人が絶えない・・・

何とか連れだし、

ここからがまた大変。

傷口を洗おうにも本人の抵抗が・・・
CATIBEEP.jpg

足無くしたいのか!

みんなで押さえつけ何とか洗浄し

病院に直行!
P1020511.jpg


傷口は深く幅7cm中と外で約30針縫う大けが

そんな傷を負ってもトップで帰ってくるなんて

すごいとしか言いようがない!

最後の最後にこの怪我・・・

なんか片山らしい!
P1020508.jpg


表彰式の時間が迫り参加が危ぶまれたが、

無事に間に合い、

最後の晴れ姿を見る事が出来た。
P1020518.jpg


P1020523.jpg


病院にいたため、男子は見る事が出来なかったが、

今季限りでロードに転向するカズが優勝!
P1020530.jpg


P1020534.jpg


引退する2人に祝福のセレモニーが行われ
P1020560.jpg


抱えきれないほどの花束をもらった片山
P1020573.jpg


6年間本当にありがとう。
P1020586.jpg


JCFジャパンシリーズ J1 クロスカントリー第7戦 レースレポート

片山梨絵ブログ:http://rie-katayama.aspota.jp/

posted by Joe at 16:59| Comment(10) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

片山梨絵


ジャパンカップを2位で終えた片山梨絵選手が今週月曜に

現役最後の身体のメンテナンスに訪れた。

歴代のチャンピオンジャージと共に
P1010318.jpg


2007年に身体を診始めて早6年

その間に2度のオリンピック選考レースに立ち会い、

北京、ロンドンと頑張る姿を見させてもらった。

海外遠征にも3度、同じ日本代表として同行した。

全日本選手権を勝ち、日本一になる瞬間にも何度も立ち会った。

常に片山の嬉しさ、悔しさも共に感じてきた。

そのちっちゃな身体で9年連続日本一を守り続けた片山梨絵

さらなる高みを目指し頑張ってきた片山を応援できたのは

治療家冥利に尽きる。

片山梨絵

明日の白馬のレースで現役最後を迎える。


posted by Joe at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 選手 | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

夕日

今日はいい天気でしたね。

青空が広がり雲ひとつない澄み渡った青空。

長期のお休みでできなかったことを、

今日は職場でせっせと。

お昼ごはんもマクドをテイクアウトして眺めのいい場所でお日様浴びながら。

夕日の時間が近づいてくると夕日マニアの私としては

そわそわそわそわ・・・(笑)

今日の夕日は絶対きれいに違いない!

もうこうなったら仕事は手につかない!

まだ仕事は残っていたのですが、

いつもの場所にGO!

とてもきれいな夕日が目の前に広がり、

心を和ませてくれます。

独り占めするのも申し訳ないので

夕日が見れなかった人におすそ分けです。
P1010292.jpg


P1010304.jpg


P1010308.jpg


P1010305.jpg

posted by Joe at 18:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

アジア選手権 レバノン6日目 クロスカントリー決勝 女子エリート


6日目の朝!


もちろん雲一つ無い快晴!
P1010598.jpg
晴れ男パワー全開です!(笑)


東の空が白み始め
P1010600.jpg


もうすぐ決戦の夜が明けます。
P1010595.jpg


朝は6時半に朝食をメカニックと昨日走ったダウンヒル組の2人、


そして私の4人でとります。


朝7時前にはバスに一番に荷物を積み込み始める。
P1010601.jpg
そうしないと安全な場所に荷物を置くスペースが確保できないからです。


遅くなると空いてるスペースに荷物を入れることになり、


場所によっては後から来た人に荷物を押し込まれ


パーツが破損なんてことも起こりえるので・・・


そのころ自走で会場に向かう片山梨絵が降りてきた。
P1010602.jpg
良く眠れたようで、すこぶる体調は良さそうだ。


7時半レース会場に向けてバスは出発


車内にはメカニックのニッキーと昨日銅メダルの青木選手
P1010603.jpg


そして金メダルの清水選手
P1010604.jpg


レースを終えた二人は本日はスタッフとして手伝ってもらいます。


会場に向かうバスからはこれより決戦が行われる会場へと向かう。


途中クロカンコースがある山が遠くに見える。
P1010608.jpg


会場に着き日本のブースのセッティングが終わるころ


片山梨絵が約束の時間より少し遅れて会場に到着
P1010612.jpg


なにやら途中で道に迷ったらしい。


おいおい・・・


もう少しで大変なことになるところを


TREKのTシャツを着てOAKLEYのサングラスをした


マシュンそっくりの人に案内されて会場に到着したそうだ!(笑)


早速スタートマッサージを始め
P1010615.jpg
スタートの準備を整える。


スタート10分前に召集エリアに集まり


1番にコールされスタートエリアに向かう。
P1010623.jpg


いよいよ片山にとって最後のアジア選手権を迎える。


スタートラインに並び
P1010628.jpg


前をじっと見据える片山梨絵
P1010630.jpg


ついにその瞬間を迎えた。


女子エリートスタート!
P1010639.jpg


P1010648.jpg


スタートダッシュが決まる!
P1010654.jpg


スタートループを終えもう一度スタート地点に向かう途中で


近づいて来る片山の車輪からカラカラ音がする。


Joeさーん!


後輪見てぇー!!!


換えた方がいいーーー?


聞かれても・・・


後輪の回転が速過ぎて見えないのですが・・・


フィードで判断仰げぇー!


と叫ぶのが精一杯。


心配しかできない私は天を仰ぐ


神様は最後のアジア選手権であるこの期に及んでも片山に試練を与えるのか?


と、昨年が思い出され心がぐっと締め付けられる。


でも私は片山を信じる!


一番で戻ってくることを信じるのみ!!


次の周回の時にはトップで戻ってきた。


よしっ!


ぎゅっとこぶしを握り締めた。


ロックセクションも安定して走り抜ける!
P1010720.jpg


フィードに向かい話を聞くと


シングルトラックに入るところで後ろから追突されたらしく、


スポークが2本折れていた。


交換作業も問題なくトップのままコースに戻れたそうだ。


フィードに向かってくる片山
P1010755.jpg


ファイナルラップを終え


一番でゴールに飛び込んでくる片山
P1010798.jpg


片山梨絵最後のアジア選手権


昨年はホント悔しい思いをした2位


いろいろな思いが思い返され


ゴールに飛び込んでくる片山の姿に涙が止まらない。。。
P1010804.jpg


海外で見る片山梨絵最後のガッツポーズ


そして片山と抱き合う。


涙で声にならない。


そしてメカニックの仁木さんと抱き合う片山
P1010811.jpg
この仁木さんの笑顔がこの優勝のすばらしさを物語っています。


ブースに戻るとすぐにドーピングチェックに行くまでの見張り役の


シャペロンが張り付く!
P1010823.jpg


クールダウンしているときのこの笑顔


頭もヘルメット脱ぎたてでぼさぼさだけど


目も腫れぼったいけど


さいこーにいい笑顔です。
P1010820.jpg


やりきった感がにじみ出ています。


私もこの瞬間に立ち会えて最高にうれしい!
P1010835.jpg


片山梨絵優勝おめでとう!
P1020176.jpg


そしてアジアチャンピオン獲得おめでとう!
P1020186.jpg





posted by Joe at 04:27| Comment(4) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

2012 MTBアジア選手権大会 レバノン 


帰国後忙しさのあまりにパソコン触る暇もなく、

ブログのUPが停滞して申し訳ありません。

時差ボケと身体のダメージ(笑)も解消してきましたので、

近日中にはクロスカントリー決勝と、最終日帰国編を

UPしますのでもう少しお待ちください。


レースの結果のリザルトが出ましたので、

お知らせします。


すべてのカテゴリーで日本人が1番

何度見ても気持ちいいものです。


DHI/1.8km Finals-Result

1 SHiMIZU Kazuki JAPAN 50.7618km/h 2:07:655

2 TAN Hong Chun SINGAPORE 49.4883km/h 2:10:940
3 AOKI Takuya JAPAN 49.1367km/h 2:11:877


XCO/WOMEN Elite 5.6Km – 4Laps

1 KATAYAMA Rie JAPAN 14.57km/h   1:33:53

2 BAI Yue CHINA 1:36:41
3 THI NHU QUYNH Dinh VIETNAM 1:47:52


XCO/MEN Elite 5.6Km – 5Laps

1 YAMAMOTO Kohei JAPAN 17.44km/h 1:37:43

2 YAMAMOTO Kazuhiro JAPAN 1:40:14
3 GOLOVACHSHENKO Artyom KAZAKHSTAN 1:41:14


XCO/MEN Junior 5.6Km – 3Laps

1 MAEDA Kohei JAPAN 15.76km/h   1:05:28

2 FEDOSSEVEV Artur KAZAKHSTAN   1:06:27
3 CHIANG Sheng Shan CHINESE TAIPEI   1:07:02


無題.jpg



posted by Joe at 19:10| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

2012 アジア選手権大会 レバノン


ただいま自宅に無事に帰りつきました!

期間中部屋にバスタブはあったのですが、

毎日シャワーを浴びるのが精一杯で湯船に湯を張ることは無かったのですが

久しぶりの湯船は気持ちいいですね!



さて、レバノンで行われたMTBアジア選手権大会に参加した

日本代表選手団の成田帰着組は本日無事に帰国しました。
IMG_0213.jpg
(c)joe39.net

今回はレバノンでレバノン在住の日本大使館から表敬訪問を受けたり、

日本のレバノン大使館から表彰したいとの申し入れがあったりと、

頑張った事に対する評価を肌で感じます。

現地レバノンではニュースで流れたり、

新聞でも日本代表チームが取り上げられたそうです。

これも応援してくださった皆様のおかげです。

誠にありがとうございました。

レバノンは行ってみるとすごくいい国で、

人は優しく、食べ物は美味しく

日本で思い描いていた国とはまるっきり違いました。

日本の活躍も皆からおめでとうとたくさんの現地の人から

握手を求められました。

海外でこんな経験したのは初めてです。

レバノンとても大好きな国になりました。

レバノンで応援してくださった現地の方すべての人に感謝いたします。

ありがとうございました。


これを機会にレバノンと交流が生まれたらいいなぁ・・・


posted by Joe at 23:41| Comment(8) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

アジア選手権 レバノン6日目 クロスカントリー決勝 速報

チームジャパン快挙です!

参加カテゴリーすべてで金メダル!

参加者全員がメダルを獲得するという快挙を達成しました。

男子エリートでは兄弟でワンツーフィニッシュを決めるという

史上初の快挙ももれなく付いてきました。

女子エリート

片山梨絵 金メダル
P1020176.jpg


男子エリート 山本幸平 金メダル  山本和弘 銀メダル
P1020205.jpg


ジュニア 前田公平 金メダル
P1020249.jpg


P1020207.jpg


P1020213.jpg


posted by Joe at 15:56| Comment(8) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

アジア選手権 5日目 ダウンヒル決勝


5日目の朝!

雲一つ無い快晴!
P1010446.jpg


今朝の月はとってもきれいです。
IMG_0010.jpg


夜が明けるといよいよアジアナンバー1を決めるレースが始まります。
P1010451.jpg


本日行われるのはダウンヒル決勝です。

朝7時に朝食を取り

バイクと機材を積み込みます。
P1010452.jpg


ホテルからバスで20分ほど登ったところにある

スノーリゾートが会場です。
P1010463.jpg
標高は約2000m

ちょー空気薄いっす!(笑)

選手は着いて早々試走に行きコースを確かめます。

清水選手
P1010464.jpg


青木選手
P1010465.jpg


降りて早々2本目に向かいます。

ピックアップにバイクを積み込み
P1010468.jpg


選手は4駆でスタート地点に向かいます。
P1010467.jpg


急な斜面を4厘駆動でスタート地点まで。

選手を降ろした車が急な斜面を下ってきます。
IMG_0028.jpg


IMG_0024.jpg


IMG_0027.jpg


選手が降りてくるのを心配そうに見守るJAPANの守護神メカニッキー
P1010469.jpg

2本目でだいぶ感触をつかんだ両選手P1010470.jpg


P1010471.jpg

会場には各国の国旗がはためき

日本は一番元気にはためいています!
P1010472.jpg

試走を終えた選手は本番に備えアップを始めます。
P1010475.jpg

そしていよいよ始まるレースに選手を送り出し

私はゲレンデを登り、選手が見渡せる場所へと移動します。

ゲレンデには武装した軍の兵士が我々の安全を確保してくれています。
P1010477.jpg

9時30分決勝スタート!
P1010476.jpg


9番走者のゼッケン34 青木卓也選手
IMG_0032.jpg  


IMG_0034.jpg


IMG_0035.jpg


最終走者のゼッケン33 清水一輝選手

P1010489.jpg


P1010496.jpg

ゴール後に座り込む二人・・・

持てる有りったけを出し尽くしました!
P1010500.jpg

気になる順位ですがなかなか発表されず、

やきもきしていたら、

シャペロンがやってきて清水選手の1位が判明

連行されて行きます・・・
P1010506.jpg

ドーピングコントロールルームでドクターから問診を受け

計量カップに尿サンプルをとる手順を受け、

トイレで膝までズボンを下げ、

ドクターに不正を行わないか見られたまま

カップに規定量を入れます。

今度はそれをドーピングのチェックを行うところに持ち込んで

検査をしていいか聞かれ、

同意するとA・Bのガラス容器に移し自分で封をして

最後に私と、清水選手がサインをしてドーピングコントロールは終了です。
P1010508.jpg

戻ると青木選手の3位銅メダルが確定!

日本は金と銅獲得です!

表彰式はドーピングコントロールのすぐ前で行われます。

まずは青木選手が呼ばれ、
P1010512.jpg


2位の選手のあとに清水選手がコールされ
P1010515.jpg


青木選手と握手を交わし
P1010516.jpg


2位のシンガポールの選手と握手
P1010517.jpg


日本選手2名が表彰台です!
P1010520.jpg


3位 銅メダル 青木卓也選手
P1010524.jpg


優勝 金メダル 清水一輝選手
P1010527.jpg


P1010530.jpg


そしていよいよアジアチャンピオンジャージに清水選手が袖を通します!
P1010536.jpg


P1010538.jpg


P1010539.jpg


P1010541.jpg

2012アジアチャンピオンの誕生です!
P1010541.jpg

日本の国歌が流れ、

日の丸が誇らしげにたなびきます。
P1010545.jpg


P1010564.jpg

清水選手、青木選手おめでとう!
P1010567.jpg

posted by Joe at 04:14| Comment(4) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

アジア選手権 レバノン4日目

4日目の朝!

昨晩の雨が残りプールサイドは濡れている。
P1010296.jpg

北東のレバノン市外の方向はまだ厚い雲に覆われているが
P1010300.jpg


こちらの上は晴れ間がのぞいている。
P1010306.jpg


月もきれいに見える。
P1010308.jpg
下弦の月

朝6時過ぎに夜明けを迎える。
P1010326.jpg


今日の朝は早い。

ダウンヒル組は午前の試走に出かけるので、

朝7時に朝食

レストランは0階にあります。
P1010295.jpg
ちなみにフロントは-1階、部屋は1階になります。


レストランの中はかなりいい雰囲気
P1010329.jpg
一番奥がJAPANの指定席


清水選手と青木選手、そしてメカニッキーと私の4人で朝食をとり


急いでダウンヒルコースへと向かうバスにバイクを積み込みます。
P1010332.jpg


乗りきらないバイクは座席の間に・・・(笑)
P1010335.jpg

P1010336.jpg

雨上がりにはつきものの

でんでんむし
P1010340.jpg


頭上には晴れ間が増えてきた。
P1010339.jpg


バスを見送ると

その先には虹が!
P1010353.jpg
これは絶対日本チームにいい事が有る印だ!

選手を送り出したあとは、

クロカンの選手の予定を聞き、

お昼までの空き時間を利用して

選手の部屋から見えたあの場所へGO!
P1010426.jpg


何かの神殿の後のようにも見える。
P1010398.jpg


あとで確認したら遺跡につきもののUFOが写ってた!?
P1010383.jpg

遺跡を見ていると

片山梨絵もやってきた。
P1010404.jpg


P1010409.jpg

帰りはずっと上り坂の道を30分ほどかけてホテルに到着。

昼食後はダウンヒルの出走順を決めるタイムドセッションに

選手を送り出す。
P1010428.jpg


タイムドセッションの結果は

清水一輝選手が1番時計

青木卓也選手は途中パンクしたにもかかわらず15番

明日の最終走者は清水一輝選手!
P1010441.jpg


本日の晩御飯は

スープに始まり
P1010435.jpg


メインは野菜の肉巻きとマッシュポテト
P1010436.jpg


デザートにチョコレートケーキ
P1010438.jpg

ホント食事が美味しいのに救われる毎日。

明日はダウンヒル決勝です!


posted by Joe at 20:36| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

アジア選手権 レバノン3日目

3日目の朝!
P1010252.jpg

事件が起きました!

私の部屋は1階で庭があるタイプの部屋なのですが、
P1010234.jpg

私が朝7時前ころにパンツとTシャツという姿で

机に向かいパソコンで日記を書いていたときに、

ふと気配がして窓のほうを見ると

男の人が部屋の中を覗き込んでいました!

うわぁ~!なんあだぁ???

キャー!!

私と目が合うとその男の人ははそそくさと出て行きました。

髪の毛下ろしていたから

女の人と間違えて覗きに来たか?

振り返ったのがひげ面の男だったから

さぞびっくりしたに違いないだろう!(笑)




さて今朝も天気は上々。
P1010256.jpg

クロカン組は各々に自主練習、

ダウンヒル組は午前中コースウォークです。

カズと私はライセンスチェックに向かいます。

ここでは出場する選手に間違えが無いか、

ライセンスとパスポートをチェック。
P1010257.jpg

そしてジャージが規定違反ではないか、

スポンサーロゴが適切な大きさになっているかなど

事細かにチェックされます。
P1010258.jpg


そして問題がないとゼッケンが配布されます。
P1010260.jpg


午後から試走に向かうダウンヒル組ですが突然のスコール
P1010261.jpg


合羽を着込んでシャトルバスに乗り込み出発です。
P1010265.jpg


P1010266.jpg


カズとジュニアの前田こーへー選手もロードワークに出発
P1010267.jpg


そして本日は各国が参加のオープニングセレモニーが夜8時から開かれます。

その前にできるだけ選手のメンテナンスを行います。
P1010269.jpg


4人の選手のメンテナンスを終えた時点で

タイムアップ!

レセプション会場に向かいます。

レバノン国歌斉唱!
P1010273.jpg


JAPAN TEAM
P1010271.jpg


まず出されたのはひまわりの種。
P1010276.jpg

続いて出てきたのが、

巨大一本漬けピクルス
P1010278.jpg


そして野菜の盛り合わせ。
P1010281.jpg
ワイルドだぜぇ~!(笑)


ピーマンを切り分けるメカニッキー!
P1010285.jpg
目にも留まらぬ早業で切り分ける!(笑)


丸ごとかぶりつく片山選手!
P1010286.jpg


野菜中心のおもてなしで
P1010288.jpg


P1010290.jpg


最後に果物が出て終了。
P1010294.jpg


私は残りの清水選手と青木選手の2名をメンテナンスして

本日は終了なり。

posted by Joe at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

アジア選手権 レバノン2日目

2日目の朝!
P1010105.jpg


無事山本幸平選手も合流し始めての朝を迎えました。
P1010137.jpg

ホテルは1000m以上の高台に有り、

冬場は3ヶ月ほどスノーリゾートになるそうで、

高級別荘地が周りには点在します。

ホテルからの眺めはこんな感じです。
P1010107.jpg


P1010108.jpg

遠くにレバノンの市街地が望めます。
P1010109.jpg


P1010110.jpg


P1010111.jpg


P1010112.jpg


P1010113.jpg


P1010114.jpg

メンバー全員がそろった朝ごはん
P1010132.jpg

食事もすべてやさしい味で、

日本人の私たちにも美味しくいただけるものばかりです。
P1010135.jpg

食後はクロスカントリーコースを下見に出かけます。
P1010141.jpg

選手は自走で向かいます。

スタッフとDHの2名の選手は

レバノンでSPCIALIZEDをメインに扱うバイクショップを開くアントニーが

車に乗車させてくれて会場へと向かいます。

中国チームも道が分からないということで、

2カ国でトレイン組んで出発!
P1010142.jpg


P1010143.jpg


P1010152.jpg


P1010154.jpg


P1010170.jpg


P1010173.jpg


約40分ほどの道のりで会場に到着。

道中はすごい下りとすごい登りしかありません!(笑)

山を登りきったところがクロスカントリーの会場です。
P1010176.jpg


選手はコースの感触を確かめにコースイン
P1010183.jpg


P1010185.jpg


P1010186.jpg


P1010187.jpg


結構な高さのステアケースを何度も確かめる片山選手
P1010190.jpg


各々試走を終えアントニーとともに全員で
P1010200.jpg

帰り道はDHコース経由で帰ります。

またまた登りばかりな道です。

向こうに見える右の山がクロスカントリーのコースです。
P1010209.jpg
もうかなり登っているのが分かるはずです。


P1010210.jpg


あれ?片山選手がいませんね?
P1010211.jpg


帰り道は体力温存で車でした。

決してあまりの登りのきつさにというわけではありませんよ!

たぶん・・・(笑)

森林限界を超えた荒涼とした大地を走る。
P1010212.jpg


P1010214.jpg


P1010219.jpg


P1010223.jpg

途中あった家には
P1010227.jpg

無数の生々しい
P1010228.jpg

銃撃の跡が・・・
P1010229.jpg

平和な日本にいる戦争経験のない私は

なんかこの現状を見ると・・・

心の奥がずーんと重く、痛くなります。

戦争なんか無くなればいいのに!


ホテルに戻ると昼食の時間です。

たくさんのサラダに
P1010230.jpg


お米がうれしい。
P1010231.jpg

癖もなくとても食べやすいのですが、

ちょっと量が多い・・・(笑)


マッサージルーム公開。
P1010233.jpg

選手はダウンヒル2名とメカニックで一部屋

クロスカントリーの選手3人で一部屋

片山選手と私はシングルルームです。

マッサーは選手にリラックスした状態で施術をするので

シングルルームがあてがわれることが多いです。

役得です!(笑)

ただちょっとさびしいですが・・・

選手の部屋からはレバノン市外が望めますが、

この部屋はナイスビューが無い代わりにお庭つきです。
P1010234.jpg


いつもスポンサードしていただいている

マッサージオイルのazune
P1010235.jpg

私専用のスペシャルブレンドは

選手にも大好評!

マッサージ待ちの選手を迎えに部屋にいくと

外にはきれいな夕日が広がっていました。
P1010243.jpg


夕食はスープに始まり
P1010246.jpg


メイン
P1010247.jpg


デザート
P1010248.jpg

これにパンが食べ放題・・・

レバノン料理は美味しい!!

ただ量が多い・・・(笑)


最後に一日の終わりにミーティングをやって長い一日が終了!



各方面から私の体の心配の声を聞きますが、

ご心配なく、元気いっぱいです!

選手にもたくさん元気分けてますよ~!!


posted by Joe at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

アジア選手権 レバノン1日目

現在火曜の夜の9時40分山本幸平選手の到着を待ちながら

ロビーで見つけた唯一無線ランの電波が拾える場所で

ブログアップしようとするがすぐ電波が途切れ思うようにUPできない。
P1010103.jpg

悪戦苦闘中・・・



成田空港から出発したメンバー6人
P1010017.jpg

総2階建てのエアバス380に乗り込み11時間のフライトです。
P1010028.jpg

夜間に照明が落とされると、プラネタリウムのような満天の星空が現れ、

朝方の時間になると紫色した素敵な空間が演出されます。
P1010033.jpg

映画を3本見てもなお有り余る時間をもてあまし(笑)

何とかドバイに到着。

関空から来る私と同級生のメカニックのニッキーと無事に合流し、

レバノンへと向かう飛行機に乗り換えます。
P1010048.jpg

こっちは平屋建て!(笑)
P1010071.jpg

機内狭っ!(笑)
P1010056.jpg

ドバイでは時差はマイナス5時間。

レバノンまで行くともう少しプラスしてマイナス7時間のはずが

マイナス6時間になっている。

サマータイムなのかな?

もうこのころになると時間の概念がめちゃくちゃで今が何時なのかすら分からない!

いつ出発したっけ?なんて本気で考えないと出てこない・・・(笑)

ただ座って食べての繰り返し・・・(笑)

でもそれを繰り返せば着くわけで、

レバノン到着!
P1010070.jpg

P1010073.jpg

空港では現地のコーディネーターが出迎えてくれ、
P1010074.jpg

カズとメカニックはバイクと別のバスに乗るので、

残るメンバーは一足先にワンボックスでホテルへ移動です。
P1010075.jpg

とにかくこの運転手さん、飛ばす飛ばす!(笑)
P1010076.jpg

おちおち外の写真が取れたもんじゃない!

右に左に・・・

それでも写真は撮らないと
P1010078.jpg

街中には古い建物にはまだまだ銃痕が残った建物が結構見て取れる。
P1010077.jpg

この銅像なんて穴がいっぱい開いて陽が透けているし。
P1010080.jpg


空港出口では重機関銃を据えた軍用車両がいたり、

市街地を抜け山道に入ったら
P1010083.jpg

普通に戦車もいるし!

でも町は平穏そのものです。

ただこの車内だけは平穏というわけにはいかなそうです!

結構急勾配の山道を前の車を追い抜きながら飛ばすし、

携帯は普通に通話するし・・・

ところどころガードレールのない山道を

必死にグリップを握り締め

何とかホテルに到着!
P1010107.jpg

ここら辺りいったいは冬場はスキーリゾートになるそうです。

なかなかいいホテルでプールもあるし
P1010085.jpg

部屋は3人用にエクストラベッドを入れた3人部が2つと

シングルルームが2つ
P1010087.jpg

地下にはバイク保管用のメカニックスペース
P1010093.jpg

とにかく無線ランが不安定でなかなかつながらないのと、

時々停電が短い時間ですが起きます。

そしてフライトが4時間以上遅れた山本幸平選手が

夜11時30分に無事にホテルに到着。

ジャパンチームここに無事全員集合しました!



これからも無線ランがつながれば続きを書きます。

お楽しみに。



posted by Joe at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

休診のお知らせ


レバノンで行われる2012年MTBアジア選手権大会に出場する


日本代表チームのマッサージャーとして同行するため


10月9日(火)~16日(火)休診させていただきます。



長期にわたる休診でご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。


posted by Joe at 23:33| Comment(6) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

レバノン

今回アジア選手権が行われるレバノン

レバノン?うゎ危なそう!と言われた後にどこら辺?

場所を正確に知らない人も多いと思う。

現在はレバノンは2008年まで内戦していたが、

現在は隣国のシリアが内戦状態。

つい先日はトルコも巻き込んだ状態に・・・

レバノンはまぁ隣国次第という事もあるが大丈夫らしい。

で、場所ですが日本と反対側のアジア大陸の端
P1010207.jpg


日本の横浜辺りを水平に左端に行くと
P1010208.jpg

シリアに囲まれたちっちゃなレバノンがあります。

レバノンより首都のベイルートの文字の方が大きいですが・・・(笑)


日本からドバイ経由で約15時間

遠いなぁ・・・
P1010215.jpg


時差はマイナス7時間です。

posted by Joe at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

片山梨絵 引退


当センターがサポートする片山梨絵選手が自身のブログで

今シーズン限りで公式戦の引退を表明しました。

http://rie-katayama.aspota.jp/2012/10/post_364.html

残り3戦、全力で彼女をサポートします。

皆さまも応援よろしくお願いします。
posted by Joe at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 選手 | 更新情報をチェックする

台風が去った後


今朝の通勤ではきれいな青空が広がっていました。
P1010009.jpg


通りすがりに鼻をくすぐるいい香り。
P1010011.jpg
金木犀

季節の移ろいは速いですね。


川原では増水によってなぎ倒された葦の上でアオサギの背中がさびしそう・・・
P1010012.jpg

ちなみにアオサギの事をオジサンと呼ぶらしいです。

なんか後ろ姿が似てますよね。

最近めっきり頭も薄くなって・・・なんて!(笑)
P1010013.jpg


遠征に備えて荷造り頑張り中!

持ち手を強化したSPECIAL段ボール!
P1010287.jpg

ちなみに箱の中身は折りたたみベッドです。

posted by Joe at 12:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

横浜トライアスロン その2


会場では仲間の応援に訪れていた早瀬夫妻と遭遇!
P1010223.jpg

私の髪型は目立つそうで、遠くからでもすぐ発見できたそうです。(笑)


さらには自転車仲間のBABUさんマナブさんも遊びに来てくれました。


今回会場でお世話になったのはOGAがサポートを受けるSUUNTOのブース
P1010232.jpg


隣にはSPECIALIZEDのブース
P1010225.jpg


TREKにはお久しぶりのノグネン発見!
P1010230.jpg


さてレースの方はというと


スイムを終えると氷川丸の前を横切り
P1010249.jpg


トランジッションエリアでバイクへとチェンジです。
P1010250.jpg


山下公園前から山下埠頭にかけて通行止めにして周回します。
P1010255.jpg


P1010253.jpg


P1010254.jpg


P1010257.jpg


P1010258.jpg


バイクを終えた後は最終パートのランです。

こんな気持ちいロケーションで走れるなんて・・・
P1010260.jpg

私は走りませんが・・・(笑)


周回を終えるとPanaracer色のヴィクトリーロードを走り
P1010261.jpg


ゴール!
P1010262.jpg

Panaracerの宮路さんが優しく抱きとめてくれます。

うそです!(笑)

SPECIALIZEDのブースではサイン会が大盛況でした。
P1010266.jpg

4人のうち2人がLONDONでのメダリスト

SUUNTOブースには前日参加した上田 藍選手
P1010265.jpg
藍ちゃんとはもうかれこれ7年前位にイベントで知り合い、

北京オリンピック前に身体を診て欲しいと頼まれていたのですが、

時間が合わずに身体を診る事が無いまま4年以上が経過・・・

久しぶりの再会でした。

ホント時が経つのは速い・・・


色々なブースを見て回っていると

最終走者のコールが!
P1010275.jpg


お父ちゃんが頑張るすぐそばでは

気持ち良さそうに・・・
P1010279.jpg


いつかはこの小さな足が世界を駆け抜けるかも!
P1010278.jpg


OGAブログ:http://oga.bikejournal.jp/

THE BIKE JOURNAL:http://bikejournal.jp/main/


posted by Joe at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

横浜トライアスロン


P1010255.jpg




昨日は横浜山下公園周辺で行われた横浜トライアスロンに参加する

OGA選手のサポートに行ってきました。
P1010238.jpg

THE BIKEJOURNAL TEAM

NANBA選手&OGA選手


台風接近中につき天候が心配されましたが、

風も波も穏やかでコンディションは良さそう。

P1010241.jpg


山下公園前からスイムはスタート
P1010242.jpg

この中にF1パイロットのジェンソン バトン選手もいるらしい。


第12ウェーブ 9:41 スタート
P1010244.jpg

posted by Joe at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | 更新情報をチェックする