2011年11月25日

自転車の闇

チュートリアルの福田の検挙以来

自転車の問題が連日取りざたされていますが

昨日見たニュースでは自転車推奨ルートなる物を警視庁が発表

その推奨ルートに警官がマイクをつけてママチャリに乗り

自転車に乗る人に教えながら走るという

どう見ても滑稽にしか見えない映像が流れていました。

自転車を車の通りの少ない所に押しやるのもいいのですが

まずやらなきゃいけないのは交通ルールの徹底だと思います。

右側通行、イヤホン、無灯火、信号無視・・・等々

警察の指導で危ないからと歩道に追いやられた自転車が

いつの間にか自転車は歩行者と同類と思うようになってしまいました。

右側通行、信号無視は当たり前、歩道を歩行者の間を縫って走る。

すべて歩行者と同類だと思うから出来る事ですよね。

普段そんな走りをしている人でも

スクーターに乗ったら同じ事やらないですよね。


バシッとレースジャージに身を包んだ高そうなロードバイクに乗る人も

平気で信号無視して行く人を多く見ます。

ひどいと集団で無視して行きます。

そんな人も車に乗ればちゃんと信号は守ります。(笑)

自転車は車の仲間では無く

歩行者の仲間という意識がどこかにあるのだと思います。

ですからいま重要な事は通りの少ない所に追いやるのではなく

車やスクーターと同じ仲間で交通ルールは守らないと行けなんだ、

ということをもう一度皆さんの意識に植えつけないと行けないと思います。

人によっては自転車は免許制にした方がいいという人もいます。

実際問題それは難しいので、

法を整備して自転車の違反には現在の赤切符では無く、

青切符が切れるようにした方がルールを守らせる近道かも知れません。

皆さん罰金払いたくないでしょうからね。(笑)


きちんと交通ルール守る人が気になるのが右側通行してくる自転車だと思います。

もちろん私も毎日嫌な思いをしています。

私が左端を走っていれば、その狭いスペースに向け反対側からやってくる。

右側には車・・・

交差点などで出会いがしらで正面衝突しそうになったことも何度もあります。

右側通行の自転車が来ると親切の押し売りをして同じ方に避けたりするので

私は止まる様にしています。

相手も止まったら自転車は左側通行ですよ、というのですが

たいがいの方は知らんふりしてそのまま行くか

「うるせぇ!」とか「ハイハイ」などとふざけた言葉を返して、

止まらずに横をすり抜けてまた右側通行して行きます。

正面衝突回避のためにこちらを停車させた事にたいして

すいませんという気持ちは全くなさそうです・・・

歩行者ですから右側通行が当たり前!ってことですよね。


一度T字路の交差点で青になり左折しようと走り出したら

左から信号無視して右折してきたサラリーマンと正面衝突しそうになり

急停車して「危ないなー自転車は左側通行だろ!」と言ったら

「うるせぇー!!」とかえってきた・・・

ちょっとこちらもカチンときて「待てぇー!」とおっかけた所

こちらは29erシングルスピードで山用のギア比に変えていたので

スピードが出ない・・・

鬼漕ぎするも・・・

ママチャリにちぎられ・・・(笑)

悔しい思いをした事が有ります。 


連日これだけマスコミで自転車は左側通行といっていても

右側通行はまるで減りませんし、信号無視もイヤホンも無灯火も、

ノーブレーキピストでさえ今だに走っているし・・・

自分だけは別と思っているんですかね?

私の朝の通勤時間帯に度々出会う幼稚園に送るべく子供を後ろに乗せたお母さん

毎回平気で右側通行通行してくるので

3度目に出くわした時に相手の進路で停車し

自転車は左側通行ですよと声かけたら

知らんふりしたまま私と縁石の50cm位の隙間をすり抜けてった・・・

もう唖然です。

子供もノーヘルだし転んだらどうするんだろう。

私を引っかけて怪我させたらどうするんだろう。

今日も遠くで見かけたら右側通行してました・・・(笑)


今の現状を見ていると小学校で自転車安全教室なんてやってるが

ほとんど効果は無いと思います。

今必要なのは幼稚園できちんと教える事。

それも保護者に!

保護者がきちんと左側通行すれば育つ子供も左側通行するはず。

そこまでしなきゃ変わらないような気がしてきた・・・(笑)





posted by Joe at 19:32| Comment(16) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。