2011年11月01日

デフサイクルフェスティバル

8月の終わりにトレイルで知り合った早瀬夫妻

聴覚障害を持ちながら御夫婦でMTBを楽しまれ

レースにも参加されています。

その早瀬さんたちろう者が企画する自転車イベント

「デフサイクルフェスティバル2011」に

ゲストとして招待していただきました。

会場は大塚にある大塚ろう学校

生まれて初めてJR大塚駅に降りましたが

徒歩10分くらいなのですが

うっかり曲がる交差点を見落とし

おかげで巣鴨とげぬき通り発見!(笑)

この先がおばあちゃんの原宿か!と

訳の分らぬ感激をしながら

地元の人らしき人に道を尋ねながら無事到着!
P1060857.jpg

一通り打ち合わせをした後

外に出ると来場者の皆さんが受付中!
P1060859.jpg

本日は被災地へのチャリティーも兼ねています!
P1060860.jpg

午前中は体育館にてこのようなスケジュールで進行します。
P1060862.jpg

いつもの日常と違うのはここでは声が有りません。

手話で説明し進行して行きます。
P1060863.jpg

ただ耳の聞こえる方のために手話通訳の方たちが

手話のできない私たちのために御尽力してくれています。

片山選手も早瀬さんと打ち合わせ中に手話通訳の方が

間に入ってくれています。
P1060864.jpg

その早瀬さんですが先日横から車が飛び出してきて

避けきれずに衝突し、

肩の靭帯を切る大怪我をされました。

ろう者の方は耳が聞こえませんから

呼ぶ時に気付かせるために皆さん肩をたたくのです。

肩をたたかれると痛い早瀬さんは
P1060869.jpg
ホント切実なんでしょうね・・・(笑)笑ちゃいけないんだけど・・・

カナダで行われたロードレース、世界ろう自転車競技選手権に

参加された方の活動報告や
P1060866.jpg

MTBではシマノバイカーズ、Jシリーズ

最近では川崎マリンエンデューロでも2位入賞の報告も有りました。

その後のトークショーで
P1060905.jpg

片山選手、デフアスリートでNHK手話ニュースキャスター845の高島さん、

私の3人がステージに上がり

コーディネーターの早瀬さんが手話でしゃべり
P1060900.jpg

ステージ下で手話通訳の方が手話を声にしてくれ

私たちが声でしゃべるものを
P1060887.jpg
後ろにいる手話通訳の方が会場の皆さんにむけ手話で伝えてくれる。

多くの方の支えでトークショーも無事終了。

その後のステージではファッションショーが行われ

特別審査員に片山選手
P1060907.jpg
結構ネタを仕込んでいたりで多くの笑いに包まれていました。

外会場では出展ブースに

サイクルスポーツの八重洲出版
P1060910.jpg

梅丹本舗
P1060909.jpg

深谷産業
P1060908.jpg

体験コーナーでは

スポーツ自転車の試乗
P1060915.jpg

ママチャリタイムトライアル
P1060913.jpg
片山選手もかなりのタイムをたたき出していましたよ!

そして私はストレッチやセルフマッサージ、姿勢指導などを担当
P1060917.jpg

こうして無事に第1回のデフサイクルフェスティバルは終了しました。

お世話になった方々です。
P1060916.jpg

右から

ずっと私を担当してくださった手話通訳の田村さん

私のアシスタントで来てもらった渡辺啓介さん

デフアスリートでNHK手話ニュースキャスター845の高島良宏さん

早瀬さんの奥さまの久美さん

片山梨絵選手

当日の救護を担当してくれていた昭和医大小児科の森田先生

早瀬憲太郎さん

それ以外にも多くの方の力が結集して行われたフェスティバルでした。
P1060919.jpg

今後も2回、3回と続いて行けるように私も微力ながらお手伝いしたいと思います。


同時に健常者の私たちがろう者を受けいれる準備を進めて

皆が等しく楽しめる環境を整えて行かないといけませんね。

とても色々な事を考えさせられる一日でした。






posted by Joe at 18:03| Comment(14) | TrackBack(0) | MTB | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。